人気のメンズ財布はコレ!⇒  

本革長財布はなぜステータス?旧石器時代の狩猟能力がヒント

▼ココマイスター公式サイト▼

本革長財布はなぜステータス?旧石器時代の狩猟能力がヒント

unnamed-3

本革製品というのは、なぜかステータスだと言いますよね。
本革というだけで高級感があり、持っている安心感や優越感というものが生まれてくる。

また、成功者は本革の長財布を持っていると言われますし、風水的には本革長財布は金運アップに必須の持ち物です。

なぜ本革製品がステータスと言われるのかは、旧石器時代(紀元前8,000年前)までさかのぼると、理解できると思います。

「革」は男の狩猟能力を誇示するステータス

02

旧石器時代に話しはさかのぼります。
この時代は、狩猟によっていかに食料を獲得するのがということに、命の最大のエネルギーを傾け、生き残りをかけて生きていたことでしょう。

木の実や虫、草なども食べていたでしょうが、一番大きなカロリー源(食べ物)は動物です。
男は狩猟によって動物を獲得することで、革を手に入れることができました。

革は、身体の保護や装飾、防寒という実用的な役目を果たしていたことでしょう。
しかし実用面とは別に、革を持っているということは、それだけ動物を狩ることに成功した証でもあります。

つまり、動物の皮は男の狩猟能力を誇示するステータスとして、身につけていたという側面もあるようです。

より多くの動物を狩猟できる男は、良いかわを自由に身につけてること出来た。
逆に、革を持っていない男は、狩猟能力がない男(動物を獲得することが出来ない)だとみなされる訳です。

男の最大使命は「食料」と「女性」の獲得

Far-Cry-Primal04

旧石器時代では、生き残るために食料の獲得は命がけだったでしょう。
また、種族保存の本能を実現するために、異性の獲得(女性の獲得)が必須でしたら、女性を競争で奪い合う様は、命がけの殺し合いになるほどだったでしょう。

今でも野生の動物を見ていると、食料獲得と異性獲得は、命がけで必死になっているのが分かります。

女性を獲得するためには、食料獲得が得意で、飢えさせないことを証明する必要があります。
それが、狩猟能力を誇示するための「動物の革」であったことでしょう。

「革」は、異性の関心を惹きつける役目をしていたのです。
さらに、革は悪霊から身を守ると信じられていたようです。

現代で言うところの「年収」という分かりやすい指標が、昔は「革」だったのでしょう。

本革長財布を持っていると経済的に豊かな証

05

前章のように、動物の革は狩猟能力からくる、豊かさの証明のようなものだったようです。
たんに防寒や身体保護、道具という実用面のみではないのが、分かります。
とても、貴重なものだったんですね。

そのような歴史を経ているからこそ、本革製品は今でも高級ですし、その高級感からお金持ちの小物という無意識に刷り込まれたイメージが有ります。

そのため、革製品を持っていることは、旧石器時代ではなく現代でも、女性を惹きつける強力な道具となります。
また、お財布の種類では二つ折り財布ではなく、長財布が流行りであり、経済的成功の証のように扱われています。

つまり、本革長財布を持っていることが、女性を惹きつけるだけのステータスの一つとして機能する訳です。

本革長財布さえ持っていれば、女性が寄ってくるという意味ではありません。
着ている洋服や、髪型、年齢、容姿、雰囲気、笑顔などいろいろな要素がある内、本革長財布もその一つの女性を惹きつける要素になっている、ということです。

だから、本革長財布を持っていたほうが良い、ということになります。
いつの時代も、本質的には「食料獲得」「異性獲得」と、この二つに大きく関わっているのですね。

食料と異性獲得の能力が有るという、ステータス感を満たしてくれるのが、本革長財布と言えそうです。


長財布の売れ筋ランキング


ココマイスター長財布・高級本革の比較入門 > ココマイスター > 本革長財布はなぜステータス?旧石器時代の狩猟能力がヒント