人気のメンズ財布はコレ!⇒  

ココマイスターを選ぶ理由は、価格と品質のバランスが良いから

▼ココマイスター公式サイト▼

ココマイスターを選ぶ理由は、価格と品質のバランスが良いから

_DSC1300-b

ココマイスターを選ぶ理由について、購入決定という観点からしっかりとその要点を確認していきます。
それはズバリ!「価格」と「品質」のバランスが良いからです。

では、お財布を購入するにあたり、どのような価格で、どのような品質であれば、「良い」と言えるのでしょうか?
更に言うと「良い」のは、誰にとって「良い」のでしょうか?
どういう状態を「良い」と言えるのでしょうか?

主に海外ブランドの長財布と、国産ブランドの長財布を比較することで、本革の長財布をどのように選ぶべきか、一つの解決方法を提案したいと思います。

本革長財布の価格相場

本革の長財布を、欲しいと思い購入に興味を持っている方は多いでしょう。
でも本革は高額ですし、革の種類が沢山あり、何をチョイスして良いのかよく分からない。だから面倒なので、購入を避けてきたという方も多くいるようです。

高級本革の長財布の相場は、私の主観ですが5万円〜10万円です。
(これより低額の財布もありますし、高額の財布もあります。あくまで平均的な相場。)

合皮や、安い牛革などは、1万円台でも本革の長財布は購入できますが、5万円と比較すると見た目の高級感や、堅牢性、光沢、使い心地など雲泥の差です。

もちろん、高級感などこだわらない、という方もいらっしゃるでしょう。そういう方は難しく考えず、単純にお安い財布を選べばよいでしょう。何に価値を見出すのか、何にお金を払うのかは、個人の自由ですから。

この価格の本革長財布と同時に、購入比較対象となるのが、海外ブランドです。海外ブランドは安心感がありますし、ステータス感もありますので、とても魅力的です。

海外ブランドの長財布:事例:ヴィトン

海外ブランドで長財布を選ぶとなると、7万円〜15万円という価格帯になります。

例えば、以下の具体的な金額を参考にして下さい。

・ヴィトン ジッピーXL 140,400円
・ヴィトン ジッピー・ウォレット・ヴィルティカル 116,0640円

さらに、ヴィトンのワニ皮長財布だと、70万円という価格。海外ブランドは魅力的ですが、手がでないほどの高額になってしまいます。

これらの金額を見ると、一生モノの高級感ある長財布が欲しいと思っていても、流石に手が出ない価格帯でしょう。
となると自然に、国産の本革長財布に目が無くことになります。

国産製、本革の長財布はどこが良い?

国産の本革製品ブランドだと、以下の5つが有名ですよね。

・ココマイスター
・土屋鞄
・GANZO
・キプリス
・万双

どこも素晴らしい製品がずらりと並び、見ているとどれも欲しくなります。
選ぶ基準をいくつか定めてみると、がらりと違った見え方になると思いますので、ご参考にして下さい。

「本革メンズ長財布」をメインで販売しているのは、どのブランドになるのか、ご存知でしょうか?
例えば土屋鞄は、その名の通り「本革カバン」がメインのビジネスです。

公式サイトを見ても、まず最初に目に飛び込んでくるのは、「カバン」なのです。

そういう風に見ていくと、ココマイスターは本革のメンズ長財布で、圧倒的な人気のブランドだと言えます。
もちろん、各ブランド一長一短有るでしょう。

具体的に説明しますね。
ココマイスターは、本革の質はヨーロッパ高級革なので、最高級の素材です。
ただし、ビジネス向けのデザインが多く、非常にシンプル。

シンプルさが好きな人、コテコテデザインが好きな人、色々いますよね。好みは分かれます。
シンプル好きには、ココマイスターがマッチしますが、ちょっとオシャレ感というかデザイン性を求めるなら、GANZOが良いでしょう。

あくまでも私の基準で申し上げるならば、価格とシンプルさで、ココマイスターが良いと感じます。

国産の本革長財布 vs 海外ブランドの長財布

「国産の本革長財布 vs 海外ブランドの長財布」
これを品質面で見ると、どのようなことが分かるのでしょうか?

ブランドというのは、動物につける焼き印が語源となっているようです。
つまり、長年培われてきた信用や価値を、多くの消費者の最大公約数として、太鼓判されたものと言えるでしょう。

だらかこそ、高額であっても、その品質に対して消費者は安心感を頂き、お金を支払ってくるのだと思います。
海外ブランドはたしかに高額ですが、その価値がある、と言えるでしょう。

しかし、我々の側からみると、10万円〜15万円というのは、その価値を認めたとしても手が出ない。お金をそこまで出せないという、価格帯になります。

もちろん、経済的に余裕のある人は、何の迷いもなく既に購入されていることでしょう。

高品質で一生モノの長財布が欲しい。多少高くても構わない。
しかし、海外ブランドは高すぎて購入できない。

こういう方は、国産の本革製品を狙うのが自然の流れです。なぜならば、価格帯が3万円〜5万円と、ちょっと無理すれば届くところに、高級本革の長財布があるからです。

もちろん、単に金額の問題ではなく、海外ブランドが嫌いで、国産ブランドを選ぶ方もいるでしょう。

一生モノの高級品が、3万円〜5万円なら無理して購入できますよね。
さらに、ココマイスターを事例にすると、ヨーロッパの最高級の天然皮革を使っています。

だとすると、素材では海外ブランドに引けをとらない。
そして日本の職人手づくりですから、品質も高い。

となると、海外ブランドはブランド名ゆえに高額、ということも出来ます。
国産は、ブランド名では海外勢に勝てませんが、品質面では同等かそれ以上と言っても良いのではないでしょうか。(私の主観です)

国産ブランド+メンズ長財布といえばココマイスター

ここまで、書いてきたように、一生モノの高級長財布選びって、高額なだけに選び方が難しいですよね。
色々なブランドを調べると、それぞれ良さがあり、革の種類も沢山あるので、どれが良いのかわからなくなる。

今までの話を、解りやすくまとめてみますね。

1、海外ブランド vs 国産ブランド
海外ブランド購入できる人は、購入するのが良い。予算不足の人は、国産ブランドの高級皮革で、一生モノを見つけるのが良い。

2、ココマイスターがおすすめ
国産革ブランドで、メンズ長財布をメインにしているのは、ココマイスター。
素材はヨーロッパ高級皮革で、日本の職人が手づくり縫製しているので、品質はピカイチ。しかも、14日以内なら、「イメージと違った」という簡単な理由でも、返品可。

もし、長財布選びに迷っているようなら、ココマイスター公式サイトへ行き、革の種類別特徴をしっかりと勉強した上で、沢山の写真をみた上で、決めるのが良いでしょう。

少しでも長財布選びのご参考になると幸いです。


長財布の売れ筋ランキング


ココマイスター長財布・高級本革の比較入門 > ココマイスター > ココマイスターを選ぶ理由は、価格と品質のバランスが良いから