人気のメンズ財布はコレ!⇒  

ジョージブライドルロイヤルウォレット。品質に強いこだわりを持つ方へ

▼ココマイスター公式サイト▼

ジョージブライドルロイヤルウォレット。品質に強いこだわりを持つ方へ

45014200-98

ジョージブライドルロイヤルウォレットは、長財布の中でも特に人気のため、売切れている事が多いですよね。しかも、5万円超えという高額な長財布なのに、いつも売切とは、スゴイです!

ジョージブライドルロイヤルウォレットは一度売り切れになると、再入荷されるまでに2ヶ月とか3ヶ月の待ち時間が発生します。
しかも、再販売の際は、革の仕入れ状況にも大きく影響され、少数の入荷のみとなりスグにまた売切です。
あるいみ、売切度合いがスゴイです。

ココマイスターの中でも、ジョージブライドル・ロイヤルウォレットは、¥50,000円と価格が最高峰の部類です。
それなのに、ココマイスターでは高額な長財布から順番に売り切れになる確率が高く、その品質の高さの割に価格が安いということがあります。

ブラドル革の使用量が5倍の理由とは?

ジョージブライドルが高額なのは、長財布に外装も内装も、両方共に高価なブライドルレザーが使われているので、当然ですよね。
普通のブライドル長財布の場合は、外装のみが希少なブライドル革で、内装はヌメ革を使うことが多いです。

内装も外装と同じブライドルレザーを使うとなると、外装のみの場合と比較して、革の量は5倍になるとココマイスターは言います。これじゃー、高額になるわけですよね。

常日頃から、品質に対して強いこだわりを持っている方
チョイすることが多い長財布としても、有名です。

つまり、それだけ革もデザインも、職人手作りの縫製も高品質ということです。
5万円の長財布なのに、売り切れが早いというのはスゴイことだと思います。

もちろん、大手海外ブランドは10万円超えですから、
比較すると品質が良いのに、安く感じるのは確かです。

ブライドルレザーは硬い!

45014200-04

ブライドルレザーは、牛ショルダー部位の革です。牛ショルダーって、めっちゃ硬いんですよね。
もちろん、植物タンニンでなめしているのですが、革の素材そのものが、カチカチというほどに硬い!

そのショルダー革を、ワックス漬けにして革繊維をさらに強靭にしたものが、ブライドルレザーです。(馬具という過酷な使用環境にも耐えうる革製品です)
ワックス漬けですから、革の表面に白い粉(ブルーム)が付着しているのが特徴です。

これだけの強靭な革なので、一生モノ(一生付き合っていける革製品)と言われるのでしょう。高価でも長持ちするので、このような本物を購入したくなりますよね。

ブライドル革の硬さは職人泣かせ

45014200-03

革が硬いのは、一生モノとして頑丈でよいのですが、反面、職人泣かせという側面があります。

カチカチの硬いブライドルレザーを裁断し、職人さんが手づくりで、硬いブライドルレザーを縫製する。
硬い革を縫製する職人さんの苦労は、相当大変らしいです。ですから、職人歴20年とか30年の人でないとブライドルレザーは扱えないのだとか。

また、生産にも時間がかかりますから、当然、生産数に限りが有ります。しかも、高価で硬いブライドルレザーを外装だけではなく、内装にも使っている。

内装のほうが、縫製が細かい箇所が多いので、硬い革は苦労するんです。
柔らかい革はスイスイと縫っていけるのですが、堅い革は、ひと針ひと針の縫う作業に時間がかかり、生産時間が大幅に膨らんでいきます。

例えば、ひと針あたりの時間が、2秒違いだとすると、1,000針縫うのに、約35分の違いがあります。
実際は工程数はもっと多く複雑なので、さらに時間差が広がるでしょう。

分かりやすく言うならば、ヌメ革長財布は1日あたり80個出来るのに対して、ブライドル革の長財布は、1日あたり30個というように、そもそもの生産数が少ないんですね。
(生産数は例えなので、正確な生産数ではありません)

さらに、ブライドルレザーが外装のみのケースと比較して、ジョージブライドルは内装にもブライドルですから、革の量は5倍にも達するといいます。
そう考えたら、5万円って安いですよね(^^)

まとめ

001

ブライドルは硬い革で、生産数が少ない。
また、ブライドルレザーそのものが高価。しかも、内装も外装もブライドルレザーを使っているのが、ジョージブライドルの特徴です。

そして、高額なのに人気があるのですぐ売切れてしまう。

そう考えると、興味ある方は、早めに購入しておいたほうが良いでしょう。
次の入荷は、2ヶ月後なのか、半年後なのか分かりませんので。

ジョージブライドル・ロイヤルウォレット。
こだわりが強い方が選ぶ、購入して持つ喜びを満たしてくれる本物の本革長財布です。

⇒ジョージブライドル長財布の詳細を見る


長財布の売れ筋ランキング


ココマイスター長財布・高級本革の比較入門 > 5万円代 > ジョージブライドルロイヤルウォレット。品質に強いこだわりを持つ方へ