人気のメンズ財布はコレ!⇒  

ココマイスター長財布・高級本革の比較入門

「ココマイスター」の魅力と初めて購入する本革メンズ長財布

ココマイスター長財布 売切が多くなっています!ご注意下さい! 売切の際、知らないと損する...⇒

高級皮革特集

シェルコードバン・アーチデューク
オススメ
★★★★★
価格¥120,000
特徴■ラウンド・ファスナー型長財布
米ホーウィン社の最高級シェルコードバン革で、素材の良さを引き出す。
農耕馬の希少部位のため、入荷数が大変少ないため、売切れが多い
備考堅牢性が高くかつ柔らかく、滑らかで上品な手触り。入荷待ちの買い手多数
シェルコードバン・スタンフォード
オススメ
★★★★☆
価格¥95,000
特徴■見開きかぶせ蓋の長財布
内外装に米ホーウィン社のシェルコードバン革をたっぷり使用。
見開き型は軽量で、スーツのシルエットが崩れない
備考上品でシンプルな大人のかっこよさを追求した長財布。
オークバーク・ブリストル
オススメ
★★★★☆
価格¥73,000
特徴■ラウンド・ファスナー型長財布
オーク(樹皮)だけで革を作る、気の遠くなるようなプロセスを経た、英国製法。
高級でありながらヴィンテージ感あふれる独自世界は圧巻。
備考天然染色の技法は、美し経年変化を楽しめる。「鉄の掟」から生まれた高級皮革。
マイスターコードバン・スカイスクレーパー
オススメ
★★★☆☆
価格¥70,000
特徴■ラウンド・ファスナー型長財布
イタリア産の最高級オイルレザーを日本の伝統製法「水染め」で仕上げた、希少なコードバン革
農耕馬・臀部の一部に存在する革。
備考水性染料で染めるのは、革の素材感を最大限引き出す製法。光沢と深み、経年変化のバランスが心地よい。
オークバーク・ウェスタリー
オススメ
★★★☆☆
価格¥70,000
特徴■見開き型かぶせ蓋の長財布
オーク(樹皮)だけで革を作る、気の遠くなるようなプロセスを経た、英国製法。
木と革が生み出す極上の経年変化。
備考絶滅寸前の英国製法から生まれた妙革「オークバーク」。世界でもまれに見る紀元前をルーツにした英国妙法。

早見メニュー

ココマイスター長財布のお勧めランキング

ココマイスター長財布のお勧めランキング

ジョージブライドル・ロイヤルウォレット
オススメ
★★★★★
価格¥50,000
特徴ラウンド型ファスナー付き長財布>/b?
一番の特徴は、「内装&外装」の両面にブライドルレザーを使用しているという贅沢さ。
外装だけの革量よりも、3倍以上のブライドルレザーが使われている。
備考一生モノの長財布
馬具に使われる革ゆえ、堅牢性は最高峰
ブライドル・グランドウォレット
オススメ
★★★★★
価格¥32,800
特徴■ラウンド型ファスナー付き長財布
累計1万本販売をしている超定番&人気のブライドル!
価格がお手頃で、飽きが来ないデザインが大人の雰囲気にマッチする。
備考個人的には「スイスレッド」の上品な赤が好き。男性は赤を身につけると、血中テストステロン値が上昇をし、エネルギーアップでパワフルに!
コードバン・ラウンド長財布
オススメ
★★★★☆
価格¥54,000
特徴■ラウンド型ファスナー付き長財布
堅牢性が高いのに、滑らかな柔らかさを持つ、超希少な革「コードバン」
農耕馬の臀部革というから、驚きだ。
備考コードバンは、革の入荷が限定的なため、3ヶ月〜6ヶ月待つことも普通。
入手できる時は、早めに買いだ!
マットーネ・オーバーザウォレット
オススメ
★★★☆☆
価格¥40,000
特徴■ラウンド型ファスナー付き長財布
マットーネ革はイタリア産の最高級皮革。
革の供給は豊富ですが、細い革を編み込むのは、職人の根気強さの証拠。
上品なデザインで女性ウケが良い長財布。
備考ビジネスでもカジュアルでもマッチする上品さ。
経年変化が美しいので、使い込む楽しみがある。
マットーネ・ラジウォレット
オススメ
★★★☆☆
価格¥29,500
特徴■ラウンド型ファスナー付き長財布
ココマイスター内で一番長く売れ続けているを「定番」の長財布。
価格が3万円弱と手頃なこともあり、プレゼント需要が多い。
備考外装はマットーネ革で、内装は高級ヌメ革。
1年使うと経年変化の味が出てくる。使い込みたい革質の長財布。

ランキングでは、ブライドル革が1位と2位になりました。やっぱり、ブライドル人気は不動ですね!
2位は希少皮革の「コードバン」ですが、希少故に売切れになっていることが多く、なかなか購入できないかもしれません。売切の際は、諦めず、じっくり待って下さいね。4位のオーバーザウォレットは、編み込みの上品で繊細なデザインがウケ、女性にも好評です。

人気の高級皮革ベスト3はコレだ!

ココマイスターの長財布は、本革の種類が沢山あり、どのチョイスが良いのか迷ってしまうと思います。10種類ほどある天然皮革の内、特に人気の「革質」人気ベスト3をご紹介します。

ブライドルレザー
オススメ
★★★★★
価格¥28,000〜¥50,000
特徴・堅牢性の高さはピカイチ。ゆえに一生モノ
・ワックスの白い粉が表面に付着(革繊維を強くする)
・英国で馬具に使われているため「馬具革」の呼称
備考■デメリット
牛ショルダーの革ゆえに、硬すぎて新品の際は、扱いづらい。
使用歴と共に、柔らかく馴染んでくる。
コードバンレザー
オススメ
★★★★☆
価格¥37,000〜¥120,000
特徴■非常に頑丈なのに柔らかく、キメが細かい革
・牛革の3倍強度で、使うほどに味わい
・農耕馬の臀部革で1頭から採取はわずか
・原革から製品までに1年以上も費やす手間
備考■デメリット
・とにかく価格が高い
・希少すぎて入荷がなく常に売切れ
マットーネレザー
オススメ
★★★☆☆
価格¥24,000〜¥40,000
特徴■イタリア産の最高級皮革
・オイルたっぷり含んでいるので、乾燥しにくい
・経年変化で光沢と深みが出て来る
・革に光沢感があり美しい
備考■デメリット
・新品時は水に弱く、シミになるので防水クリーム必須
・キズ・シワが目立つことも(動物なので仕方ない)
・革の寿命は長くはない

ココマイスターは革の種類が大きく分けて7種類あります。
本革の長財布がはじめての方は、どの天然皮革をチョイスするべきか、迷ってしまうのではないでしょうか。
一番人気は、一生モノと言われる超ハード革のブライドル。
2番は革のダイヤモンドと言われる希少革のコードバン。
3番目は、天然皮革の素材をそのまま活かし経年変化が楽しみなマットーネ革。

革質ジョージブライドルブライドルコードバンナポレオンカーフクリスペルカーフマットーネマルティーニ
価格帯〜50,000円〜32,800円〜54,000円〜34,000円〜63,000円〜40,000円〜40,000円
ファスナー付ロイヤルウォレットグランドウォレットラウンド長財布アレッジドウォレットカシウスウォレットラージウォレットオーモンドウォレット
見開き型バイアリーウォレットインペリアルウォレットコードバン長財布アレクサンダーウォレットロッシュウォレットマルチウォレットアーバンウォレット
薄長財布アルフレートウォレット薄型長財布ヘラクレスウォレットオーバーザウォレット
革の特徴超硬い超硬い硬くて柔軟仔牛革・柔らかい仔牛革・柔らかい光沢と艶がある光沢無く無骨
外装革ブライドル革ブライドル革コードバン革起毛カーフ革ボックスカーフ革マットーネ革ブッテーロ革
内装革ブライドル革ヌメ革ヌメ革起毛カーフ革ボックスカーフ革ヌメ革ブッテーロ革

【雑誌掲載】大人の色気を演出する長財布

ココマイスター雑誌掲載情報⇒
レオン、メンズEX、メンズプレシャスなど、大人の色気を中心としたファッション情報誌にココマイスター長財布が掲載されています。

本革長財布はなぜステータス?旧石器時代の狩猟能力がヒント

本革長財布はなぜ成功者のステータスなのか?本革長財布はなぜステータス?旧石器時代の狩猟能力がヒント

ココマイスターの特徴

1、ヨーロッパから最高級ブランドの天然皮革を仕入れている。
2、職人手づくりなので大量生産できない。
3、人気&手づくりで、売り切れ商品が多く再入荷までに時間がかかる。
4、百貨店やデパートへの「卸し」がなく、流通コストやマージンが無いので高品質なのに安価
5、大手海外ブランドに遜色ない高品質で、リピーターが多い
6、安いのに高品質なので、プレゼント用の購入が多い
7、高額な長財布ほど入荷数が少ないので、高額なほどすぐに売り切れてしまう
ココマイスターとは?

本革の長財布が欲しい

職人てづくりの本革製品のメンズ長財布っていいですよね。
二つ折りや三つ折の財布と比較して、長財布は高級感があり、経済的に余裕があるという目印としても有効ながめ、男性は長財布を欲しいという方が多いです。

経済的に余裕があると見えるということは、女性からも好感度アップで、本革の高級感と相まって、本革メンズ長財布のブランド効果が本人の見た目や雰囲気をワンランク上に引き上げてくれるような気さえします。

単なる高級な長財布であれば、大手海外ブランドを購入すればよいのですが、お値段が非常に高額で10万円以上なのと、品質は、お値段に見合わず低いものとなっているという感じがします。

それであれば、3万円〜5万円というお手頃で手が届く、本革製品のメンズ長財布をチョイスして、国産ブランドならば品質も海外ブランドに引けを取りません。

特に、品質重視の新鋭ブランド「ココマイスター」は、ヨーロッパの最高級皮革を直接買い付けている上、国内の30年〜40年という職人歴のベテラン揃いです。
本革のメンズ長財布の品質に自信があり定評があるからこそ、売切続出となっている証拠になるでしょう。

欲しい長財布が売切の場合は、このページをご覧いただくと、確実にメンズ長財布を手に入れる方法がわかります。

本革製品ということは、革の種類だけ様々な製品名があり、ちょっと分かり難いと感じてしまうかも知れません。
そんな時は、長財布ランキングと、その下にある比較表をご覧いただくことで、分かりやすく欲しい長財布へ誘導しています。ぜひ参考になさって下さい。
革の種類毎に、製品名、デザインをカテゴリ分けし、価格帯も記載しています。
予算に応じた長財布、革種類別の長財布が見つかることでしょう。

ココマイスターとは、どのようなブランドですか?

main

ココマイスターは、ヨーロッパ(欧州)の希少皮革(牛や馬の天然皮革)を使用し、日本の革職人が手づくりで裁断・縫製している「品質重視の国産革製品ブランド」です。

・高級皮革:イタリア、イギリス、ドイツなどから輸入。
・裁断・縫製:日本の革職人が手づくり。20年〜50年の熟練職人が生産に携わる。

ココマイスターの価格概要

ココマイスター 価格帯
メンズ長財布 2.1万円〜12万円
二つ折り財布 2万円〜7.8万円
ビジネスバッグ 9.7万円〜50万円
革小物 8,500円〜5万円

高品質なのにお手頃価格の理由

admin

ココマイスターの人気の秘密は、有名海外ブランドのように高品質な革の素材、高度な熟練工の縫製である職人技を製品に活かしているのに、比較的お安い価格にあります。

では、なぜお手頃な価格で提供することができるのでしょうか?
その秘密は流通経路にあります。

ココマイスターの革製品は、百貨店などの店舗では販売されておらず、一般に流通していません。
なぜならば、販売ルートへのせるのに、手数料が必要になるからです。

その手数料の分を購入ユーザーへ還元する意味でも、直販のみに徹して安く販売している、ということになるんです。

直販にこだわるメリットとデメリット

直販にこだわるメリットは手数料分、安く販売できる点ですが、デメリットも存在します。
それは、ユーザーとの接点です。

メイン商品は3万円〜5万円と高額革製品ですから、ユーザーはできれば手にとって、実物を確認して購入したいはずです。

しかし、ココマイスターの直営店は、全国に5店舗(2015年時点)しかないので、多くのユーザーは公式サイトにて写真のみを頼りに購入する必要があります。

写真のみで3万円から5万円の購入判断を行うのは、ユーザーのリスクです。これが、直販にこだわるデメリットです。

そのため、ココマイスターでは、返品制度が確立していて、写真を見て購入判断したものの、実物が手元に来た時のイメージ違いという理由でも、無条件で返品交換または返金に応じてくれます。
(14日間以内、無使用という条件です)

職人手づくりによる品質のメリット・デメリット

p01

ココマイスターの革製品は、日本の熟練革職人による手づくりですが、メリットとデメリットがあります。

職人を数十人抱えているようですが、各職人によって品質にムラがあります。
なぜムラがあると言えるかというと、ココマイスター公式サイトの口コミレビューを見ていると、明らかに品質が良くないものが少量なのでしょうが、ユーザーに届いてしまう事があるようです。

極たまにですが、はじめからキズが付いていたり、縫製糸がほつれたりしている長財布もあるようです。
でも、そのまま諦める必要はありません。
ここから先がメリットになります。

職人手づくりで、全てが完璧ではない可能せがあるからこそ、無償で返品に応じてくれるのが、ありがたいですよね。

職人手づくりによる売切れのデメリット

職人手づくりというのは、工業製品のように大量生産ができません。
手作業で、ひとつひとつ仕上げていくからです。

そのためのデメリットは、なんといっても、売切れているケースが多いということです。
特に硬い革のブライドルなどは、革の硬さゆえに、縫製に時間がかかり尚且つ、職人も熟練した職人の技術が必要のようです。

一度売り切れると、2ヶ月や3ヶ月待つことも、当たり前にあります。
もちろん、売切れているからこそ、手に入らない渇望感から、物欲がさらに刺激されて、欲しくてたまらなくなる、ということが有るかもしれません。

その場合は、会員組織「ココクラブ」へ無料登録しておくと、再入荷のメールで知らせてもらうことができるので、便利です。

新しい製品が次々に登場するココマイスター

ココマイスターは、2015年からメイン商品である長財布の他に、本革バッグのバリエーションを多く投入しました。

バッグは、長財布と比較して使用する天然皮革の量が大量になるので、価格も15万円〜50万円と非常に高額です。
それでも売り切れになるバッグがあることから、本革製品の人気度合いが伺い知れます。

また長財布でも、コードバン革の種類で、さらに高級なシェルコードバン革が追加になったりと、革の種類や長財布のデザインなど、定期的に新商品を開発して登場しています。

人気ゆえに、売切が多く、購入したくても購入できないストレスもありますが、これからもココマイスターの革製品の新商品、楽しみデスね。


ココマイスター長財布・高級本革の比較入門